くしゃみ・鼻水・のどの腫れを感じる
アレルギー性鼻炎

症状

神戸市中央区、灘区に位置するきむ耳鼻咽喉科、アレルギー性鼻炎のイメージ アレルギー性鼻炎は体質的な疾患であり、症状が1年中ある通年性のものと、ある季節だけに季節性のものに分けられます。
花粉が飛ぶ季節だけ症状が現れる花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。
発作性、再発性の「くしゃみ」、「鼻水」、「鼻づまり」が主な症状です。

病気の原因

ある特定の原因物質(抗原)に対する抗体が体の中で合成された後、再びその抗原にさらされたとき(鼻からその抗原を吸い込んだとき)、上記の症状が生じます。これらの症状は、鼻の中の粘膜でアレルギー反応(抗原と抗体が結びつき、ヒスタミン等の化学物質が遊離し鼻の粘膜を刺激すること)が起きることによります。
原因となる抗原は、日本ではハウスダスト(ダニ)が最も多く、次にスギ花粉、その他にはカモガヤ花粉、ブタクサ花粉、カビ(真菌)等があります。主な抗原に関しては採血で検査することが可能です。

治療
薬物治療
第二世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)
アレルギー性鼻炎の原因物質であるヒスタミンの働きを抑える内服薬です。
また、マスト細胞(肥満細胞)からヒスタミンなどのアレルギー物質が遊離するのを抑制する作用もあります。 即効性がありアレルギー性鼻炎の症状がでている時に使用します。特に「くしゃみ」「鼻水」に効果があります。 眠気・のどの渇きの副作用があります。症状を抑える効果の高い薬は副作用が強く、自動車の運転をする場合は服用に気をつけてください。
ロイコトリエン拮抗薬・トロンボキサン拮抗薬
鼻づまりに効果がある内服薬。第二世代抗ヒスタミン薬と併用して処方しています。
局所ステロイド薬
アレルギー性鼻炎の症状がひどい部分に直接作用させる点眼・点鼻薬です。 鼻に噴射するタイプは「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」のどの症状にも効果があります。 当院では内服薬と組み合わせて処方しています。
漢方薬
眠気を出さずに鼻の症状を抑えるのに効果的ですが、体質にあった薬を選択する必要があります。抗ヒスタミン薬との併用で、鼻の症状をより抑えるだけでなく、 覚醒作用がある薬を選択することで、抗ヒスタミンの副作用の眠気の症状を減らせることがあります。
アレルゲン免疫療法
(減感作療法)
舌下免疫療法、皮下免疫療法

アレルゲン免疫療法とは、アレルギー疾患の病因アレルゲンを体内に投与していくことにより、アレルゲンに曝露されることにより引き起こされる関連症状を緩和する治療法で、アレルギー疾患の自然経過を改善させることが可能な治療法と考えられています。舌下免疫療法、皮下免疫療法については下記のページをご覧ください。

アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法、皮下免疫療法)に関する詳しい内容はこちら

手術療法

アレルギー性鼻炎の手術加療(鼻粘膜焼灼術)には、レーザー焼灼手術、高周波電気やラジオ波による粘膜凝固治療、アルゴンプラズマ凝固法などがありますが、 当院では粘膜焼灼だけでなく粘膜下凝固も行える高周波メスを採用しております。

花粉症でお困りの方はこちらをご覧ください。