舌下免疫療法、皮下免疫療法
アレルゲン免疫療法(減感作療法)

治療法

アレルゲンアレルゲン免疫療法とは、アレルギー疾患の病因アレルゲンを体内に投与していくことにより、アレルゲン暴露により引き起こされる関連症状を緩和する治療法で、アレルギー疾患の自然経過を改善させることが可能な治療法と考えられています。

対象疾患は、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などが一般的であり、施行法としては、
注射による皮下免疫療法と舌下投与による舌下免疫療法などがあります。

アレルゲン免疫療法では、病因アレルゲンを少量から開始して維持量まで増量し、定期的に維持量を投与し、年単位(通常3-5年ほど)継続します。

アレルゲン免疫療法で重篤な副作用としてアナフィラキシーがあり、急性の過敏反応で、投与30分以内に命にかかわるような全身の過敏反応を起こすことがあります。

アレルゲン免疫療法は年単位の治療期間が必要なため、治療に対する理解が必要です。皮下免疫療法は医師の診察後アレルゲンを投与するか判断できますが、舌下免疫療法は自宅で行うため、治療法に関してより詳細な理解が必要です。皮下免疫療法に比べ、舌下免疫療法の方が途中脱落される方が多いようです。

皮下免疫療法と舌下免疫療法
 皮下免疫療法舌下免疫療法
当耳鼻咽喉科で治療を行える
対象のアレルゲン
スギなどの花粉症やハウスダスト(家のホコリ)
ダニ
スギ花粉
ダニ抗原
治療方法医療機関通院時に医師の監督下でアレルゲン投与初回投与のみ医療機関で行い、その後は自宅での投与
皮下注射によりアレルゲン投与を行うため痛みを伴います。 舌下に滴下し、2分間保持したあと、飲み込みますが、アレルゲン投与により痛みを伴いません。
治療期間

維持量に達するのに通常は2か月半から5か月かかります。

*皮下免疫療法を開始量から維持量に達成するまでの期間を短くするため、入院で行う急速アレルゲン免疫療法もあります。

スギ花粉舌下免疫療法では2週間で維持量に達します。
シダトレン®は平成27年10月から長期処方が可能です。

ダニ抗原は3日で維持量に達するのもの(アシテア®)と1週間で維持量に達するもの(ミティキュア®)があり、新薬のためアシテア®は平成28年5月末まで、ミ ティキュア®は平成28年11月末まで、薬剤の処方は2週間までとなり、 通院間隔も2週間に1回となります。

副作用 まれではあるが、全身的アナフィラキシー反応を起こす危険性があります。
高血圧のためβ遮断薬を使用している患者、重症喘息は適応としない。
また喘息合併症例では発作期には行わず、花粉症では原因花粉発散期からは開始しない。妊娠への影響はないが、妊娠中に新たには開始しない。
舌下免疫療法では局所の副作用 (口の中の副作用:口内炎、舌の下の腫れ、口の中の腫れ、のどのかゆみなど)が多いといわれています。
治療効果 約7割に効果あり 皮下免疫療法よりやや劣る

*舌下免疫療法の効果は、ほぼ 無症状となる例は約20%、自覚症状が改善し抗アレルギー薬などの薬を減量ないし中止できる患者さんは全体の60〜70%ぐらいと言われています。皮下免疫療法より効果は若干弱いといわれています。
治療の流れ 1週間に2回の注射から初めて、週1回、2週に1回、1月に1回と注射間隔を開けていきます。
効果発現には数ヶ月かかり、少なくとも3年間以上の定期的注射が必要です。その後中止しても効果は数年以上持続する方が多いです。
初回は当院で薬を投与して20分程度反応を見て、問題なけば帰宅していただきます。自宅での服用については、下記の自宅での服用スケジュールをご覧ください。
スギ花粉・ダニ抗原
舌下免疫療法
  • 適応 12歳以上
  • スギ花粉症・ダニアレルギーであることの確認(アレルギー検査:結果があればご持参下さい)
  • 一般的な薬物療法で十分なコントロールが得られない方
  • 無効例、副作用が強い例、薬物療法を希望しない例など
  • 皮下免疫療法で全身性副反応を生じた方
  • 皮下免疫療法が不適な方
  • 定期的な通院が難しい方、注射の希望しない方

ダニ抗原は3日で維持量に達するのもの(アシテ ア®)と1週間で維持量に達するもの(ミティキュア®)があり、新薬のためアシテア®は平成28年5月末まで、ミ ティキュア®は平成28年11月末まで、薬剤の処方は2週間までとなり、 通院間隔も2週間に1回となります。

禁忌

  • β阻害薬を使用している方
  • 治療開始時に妊娠されている方
  • 不安定な重症喘息を持っておられる方
  • 悪性腫瘍、自己免疫疾患、免疫不全症、重症心疾患、慢性完成症など 全身的に重篤な疾患を有する方
  • 全身ステロイド薬の連用や抗がん剤を使用している方
  • 発熱など急性感染症にかかっている方

自宅での服用スケジュール【シダトレン®】

初回は当院で薬を投与して20分程度反応を見て、問題なけば帰宅していただきます。
初回投与2週間以降は1日1パック舌下投与を毎日行い、1ヶ月に1回の診察を受け、3〜5年続ける治療になります。

 1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目
1週目
(200JAU/mL)
プッシュ1回 プッシュ1回 プッシュ2回 プッシュ2回 プッシュ3回 プッシュ4回 プッシュ5回
2週目
(2,000JAU/mL)
プッシュ1回 プッシュ1回 プッシュ2回 プッシュ2回 プッシュ3回 プッシュ4回 プッシュ5回

 

自宅での服用スケジュール【アシテア®・ミティキュア®】

初回は当院で薬を投与して20分程度反応を見て、問題なけば帰宅していただきます。
初回投与2週間以降は1日1錠舌下投与を毎日行い、2週間に1回の診察を受け、3〜5年続ける治療になります。

  1日目 2日目 3日目以降
アシテア® 100IR 1錠 100IR 2錠 300IR 1錠
もしくは
100IR 3錠
  1日目~1週間 2週目以降 -
ミティキュア® 3300JAU 
1錠
10000JAU
1錠